〜なつかしきみ霊に捧ぐ〜

 

 コンテンツへ

 

 心底愛した馬に対しては、天寿を全うしての物であれ、悲しい不慮の事故によるものであれ、時にはその馬の存在を思い出して追悼の念を捧げ、楽しかった日や輝いた日の姿を、愛したファンだからこそ、いつまでも胸に、思い起こしてあげたいものです。1年中いつもという訳にもいかないでしょうから、人間でいう忌日法要、そんな際に、馬達の魂に、思いを馳せて見てはいかがでしょうか。

 一生懸命頑張って走ってくれた、希望や感動を運んでくれた、1頭1頭の命。決して忘れたくない彼らをしのぶ日を心に留めたい、そんな思いからこのページを設けました。

 

 各地の馬頭観音・馬匹供養碑フォトアルバム

(お名前のない物は管理人撮影)

 

○中京競馬場馬頭観音(撮影:FATESTAR様)

○山形県米沢市 白布三十三観音内馬頭観音(推定)

○山形県大石田町 西光寺馬頭観音

○山形県鶴岡市 致道博物館敷地内馬頭観音(推定)

○新潟県関川村 観音公園内馬頭観音

○福島県柳津町 瑞光寺公園内馬頭観音

○東京都西多摩郡奥多摩町「がんどうの馬頭様」(撮影:「縁之下研究所」所長様) 

「旧街道で狭い山道なので馬が谷底に落ちる事故がしばしばあったそうで、

この馬頭観音は馬の霊を慰めるためのものだそうです。」(撮影者より)

○宮城県仙台市 仙台城址内戦没馬供養塔

○米沢市常安寺馬頭観音堂

ガラス張りの向こうに馬頭観音像が安置されているのが見えます

○大井競馬場馬頭観音(撮影:メルボルン二世様) 

○益田競馬場馬頭観音(撮影:メルボルン二世様)

○福島市岩谷観音

福島競馬場から比較的近い場所にあります

○千葉県印旛村願定寺馬頭観音(撮影:メルボルン二世様) 

「伝説も残っていて、白馬がこの寺の付近で空に飛び上がっていなくなったそうです。

それで、寺で馬頭さんをお祭りしているとのことです」(撮影者より)

○陸上自衛隊習志野駐屯地内軍馬国枝号碑(撮影:メルボルン二世様)

かつてここに騎兵隊学校が存在したとの事。

「隊員の間では日露戦争に従軍した馬の馬頭観音と言われているようです。

『騎兵隊学校跡近くの習志野原には、多くの馬頭観音がある。

軍馬、運送馬のなどの供養塔であろう』とも言っていました 」(撮影者より)

○目白不動尊(慈眼寺金乗院)馬頭観音(撮影者:ネコチクリン様)

○水沢競馬場馬頭観音

○山形県高畠町 観音岩山麓

○会津若松市木流観音 陣没馬供養塔及び堂内碑文

1月と4月には江戸時代より馬に着飾らせて祭事が行われ曲芸乗馬が行われていたとの事。

祭事は現在も継続されているものの馬が確保できずアトラクションは行なわない。

向かい側にある「観音寺」との関連は不明=取材元:会津若松市役所、会津図書館

碑文は福島県立博物館にお願いし解読頂きました。

○宇都宮競馬場馬魂碑(撮影:薄井様)

競馬開催を捨てた地では守護すべき馬達もいなくなり

慰霊碑や馬頭様もまた、御役御免となり置き去りにされています。

○新潟県競馬場外厩舎跡地(撮影:リュウ様 提供者:メルボルン二世様)

中央競馬の開催で賑わうJRA新潟競馬場のすぐ近くに、

忘れられたお馬の無念と共にひっそりと佇んでいます

○足利競馬場(撮影:メルボルン二世様)

かつてここで働いた馬達を思い出して訪れ、手を合わせて下さる方がいらっしゃる事を願います

○三重県桑名市 多度大社慰霊塔(撮影:メルボルン二世様)

大祭での馬上げ神事や奉納競馬で犠牲になった馬たちの慰霊塔です。

馬上げ神事が危険極まりないので、慰霊塔が用意されていると思われます。

(撮影者様よりのコメント)

那須千本松牧場 馬頭観音(撮影:Sayaka様)

競走馬の他、以前は農耕馬、軍馬も生産していたとの事です。

○山形県飯豊町手ノ子 名称・由来不詳の馬頭観音

飯豊町役場に問い合わせていたのですが回答が得られませんでした。

新潟競馬場に向かう道沿いにあったのに昨年末まで気が付きませんでした。

これからは新潟への行き帰り、ここに参詣する事にします。

某N市内熊野大社境内

福島市飯坂地内 医王寺

源九郎義経所縁の名刹

山形県高畠町 亀岡文殊堂

紅白の綱の右側に馬の奉納額

上山競馬場殉職者慰霊碑

○上山競馬場厩舎跡地馬頭観音

○上山競馬場内馬場馬頭観音

○福島競馬場馬頭観音

○新潟競馬場馬頭観音

○京都競馬場ライスシャワー号慰霊碑(撮影:珠姫様)

高知競馬場馬頭観音(撮影:珠姫様)

福山競馬場馬頭観音(撮影:珠姫様)

東京都世田谷区馬事公苑愛馬の碑(撮影:ネコチクリン様)

馬事公苑馬霊供養塔(撮影:ネコチクリン様)

馬事公苑馬頭観音 (撮影:ネコチクリン様)

東京都世田谷区豪徳寺馬頭観音(撮影:ネコチクリン様)

招き猫のメッカ。あるいは幕末動乱の要人、井伊直弼公菩提寺

駒場学園高等学校「軍馬碑」(撮影:ネコチクリン様)

元は陸軍獣医学校として創立され、かつては装蹄師を養成する学校でもありました。

当時理事長の笠原喜四郎氏が私費により建立。

戦時中多数の馬が軍により動員され戦地に送られましたが

過酷な外地に送られた馬達はただの1頭も生きて日本に帰る事はありませんでした

阪神競馬場馬頭観音(撮影:FATESTAR様)

阪神競馬場 馬塚(撮影:FATESTAR様)

中山競馬場馬頭観音(撮影:FATESTAR様)

山形県某N市 岩部三十三観音第29番馬頭観世音

上山市との境界付近になります。お馬はリーディングJより頂いた、上山競馬オリジナルの物です。

大井競馬場小林分厩舎軍馬供養塔(撮影:メルボルン二世様)

東京都墨田区 回向院馬頭観音(撮影:ネコチクリン様)